2021年10月15日ヘリオ冥王星山羊座26度へ ホロスコープ解説

この記事では2021年10月15日5:57分頃(東京時間)にヘリオで冥王星が山羊座26度になった際のチャートの解説を行います。

目次

  • 2021年10月15日冥王星山羊座26度のヘリオチャート
  • 2021年10月15日冥王星山羊座26度のヘリオチャート解説

2021年10月15日冥王星山羊座26度のヘリオチャート


今回のホロスコープチャートの区分は下記の通りになります。

 

▪️2区分

男性(3)…地球、火星、土星

女性(6)…水星、金星、木星、天王星、海王星、冥王星

 

▪️3区分

活動(3)…地球、火星、冥王星

不動(3)…水星、土星、天王星

柔軟(3)…金星、木星、海王星

 

▪️4区分

火(1)…地球

地(3)…水星、天王星、冥王星

風(2)…火星、土星

水(3)…金星、木星、海王星

 

2021年10月15日に冥王星が山羊座26度に入った瞬間のヘリオチャートでは、3区分のバランスの良さが非常に際立ちます。


2021年10月15日冥王星山羊座26度のヘリオチャート解説


2021年10月15日ヘリオで冥王星が山羊座26度に入った瞬間のチャートでは、地球は牡羊座21度です。

冥王星とはスクエアとなります。

 

今回地球は牡羊座21度で、数え度数は牡羊座22度「欲望の庭に続く門」。

急速に色々な可能性が出てくることにより、欲望がどんどん増してゆきます。

行き過ぎる欲望に対しては上手にコントロールする必要があるかもしれませんが、このタイミングだからこそ、可能性を大いに広げられるという考え方もできるかもしれません。

 

そして水星は牡牛座15度。

数え度数は牡牛座16度で「秘密を暴こうとする老人」。

これまでの状況に完全に飽きが来て、未知のものへの期待や関心が非常に強くなっていきます。

満たされない状況からこれまでのやり方や、古い考えに対して批判し、色々と新しいことをあれこれ試したり、挑戦してみたくなりますが、思うような結果は出ないかもしれません。

しかしながら、ここでは失敗や挑戦が必要であり、これは次の段階へと進んでいく前の準備期間といえそうです。

 

金星は魚座に入ったところです。

数え度数は魚座1度で「公共の市場」。

これは今年6・7月あたりに新月満月チャートの木星の度数でよく出ていました。

様々な価値観や思想があるということを認識し、偏見を持たず平等に考えていくことで、結果として目の前の混乱した状況も人間の成長にとって必要であることに気がついていきます。

この金星に対して木星がオーブ2度で合となります。

木星は魚座2度、数え度数は3度で「化石化された森」。

まだ価値があるにも関わらず、失い風化してゆきそうなものを残しておくために、維持することに懸命になります。

金星の1度も木星の3度も、本当に価値のあるものに気づき、それを維持し、育てていくような度数となります。

 

そして天秤座18度の火星ですが、サビアンは天秤座19度で「隠れている泥棒集団」です。

まだ何からも評価されていないようなものに対して意味や価値を感じるのですが、周りがその価値に気づき始めると、自分の大事にしていたものを奪われた様な気分になり、一気に冷めてしまうかもしれません。

火星は今回地球とオポジションとなることから、牡羊座22度の欲望というのは、この火星のこれから芽が出て発展していきそうな価値あるものに向かうのかもしれません。

 

そしてこのチャートでは土星と天王星がほぼオーブ0度でスクエアとなります。

土星は水瓶座12度。

天王星は牡牛座12度です。

まず土星ですが、サビアンの水瓶座13度は「バロメーター」。

ここでは変化に対し敏感に反応し、時の流れを読む力をつけていこうとします。

そして天王星のサビアンは牡牛座13度で「荷物を運ぶ男」。

生き延びるために色々と工夫していくことになります。それは同時に大きな責任や負担も伴います。

水瓶座のバロメーターが示している時の流れを読む力というのは、この先生き延びるために必要であるということが伺えます。

 

そして冥王星とセキスタイルとなる海王星は魚座21度。

サビアンでは魚座22度で「シナイから新しい法則を持ち降りてくる男」。

ここでは古い価値に未知のものを融合し、新しいルールを作り出していくような時期となることを示しています。

 

そして最後に冥王星は山羊座26度となります。

数え度数は山羊座27度で「山の巡礼」。

山羊座26度から30度では閉塞した環境から離れより自由な世界へと向かいます。

この27度では、達成したい事に向かい集中力を発揮していきます。

楽な方へと流されることなく、強い意志と忍耐力によって目標地点に到達することになります。

 

今回のチャートでは、混乱した状況の中でも、この辺りで徐々に前に進み始めていくことが伺えます。

目の前には未知のものや状況が広がっているために、スムーズにはいかないかもしれません。

混乱した状況の中で生き延びていくためには、先を読む力をつけ、様々な挑戦に失敗しながらも忍耐強く目指している場所へと向かっていく時期となりそうです。

地球的な活動としては、責任を伴い、負債を返済していくために、動かなければならないといった状況であることが伺えます。

その先には希望の光も見えていますが、そこに到達するまでの期間には苦労が伴います。

 

冥王星が次の山羊座27度へ入るのは2022年5月7日となります。