2021年3月29日天秤座満月 ホロスコープ解説

今回は2021年3月29日3:48分頃(東京時間)起きる天秤座満月について西洋占星術(ホロスコープ)解説を行います。

目次

  • 天秤座の月と牡羊座の太陽
  • 風のグランドトラインとカイト
  • 水瓶座のASC(アセンダント)
  • 射手座のMC(ミディアム・コエリ)
  • まとめ

天秤座の月と牡羊座の太陽


春分図解説で、ポイントとなる天秤座のASC(アセンダント)が示す事柄をお伝えしましたが、今回の天秤座満月のホロスコープを見ると、ここでも、その事柄の重要性が伝わってきます。

この天秤座満月では、とりわけ人と人との関係において自分を磨いていく様なイメージとなります。

そして、時にはその人間関係においてバランスをとるために、奉仕精神を持つことも必要になるかもしれません。

また向かい合う牡羊座太陽は、対人関係やコミュニケーションから、今度は全体を見渡し、人を観察したり今後の動向をつかんでいくことで、その結果、自己実現という点において、先に述べた人間関係や奉仕的なことの中から展望が見えてくると考えられます。

また、1ハウスという自我のハウスにおいて太陽、金星、キロンがコンジャンクションとなりますので、人との関わりの中で自己を表現することに対し、トラウマであったり、苦手意識を感じることもあるかもしれませんが、今はそれを克服する様に促すタイミングであると考えられます。

そして、それを後押ししてくれるのが、次に説明する風のグランドトラインになります。

風のグランドトラインとカイト


今回のホロスコープの一番目立つアスペクトは天秤座の月、双子座の火星、水瓶座の土星という風のグランドトラインです。

グランドトラインは、幸運の正三角形などとも呼ばれていますが、このアスペクトの場合、風の性質を上手く活かすことができる配置となります。

そのため、風の持つ知性やコミュニケーション、情報を使うことがスムーズにできる時期といえそうです。

また月、火星、土星が関わっていますので、火星の持つ行動力や情熱を発揮しつつも、行き過ぎることなく、月の感情面を土星が上手くコントロールできる様なタイミングであると考えられます。

また風のグランドトラインに月、太陽、金星が加わることで「カイト」という複合アスペクトを形成しています。

太陽、金星、キロンは月と180°のオポジションとなります。

そのため、対人関係や、人との繋がりにおいて、一歩先へ進む、またはその関係をよりよくしていくのに良い時期となるでしょう。

水瓶座のASC(アセンダント)


水瓶座は一つ前の星座である山羊座の秩序やルール、規律、伝統などを否定し、進歩的で先進的なものを生み出していく様なイメージがありますが、今回の水瓶座のASCからは、山羊座までの間に築かれたものを、新しいスタイルで、より良いものへと形を変えつつも、これまでのやり方や伝統を認め、理解することをします。

そして、そこに次の魚座へと続く、女性的な優しさや感性、調和が生まれることが伺えます。

またそういった理解により、一見先進的で、未来的に見えていることやものが、実は以前からあったものだったり、古い伝統の中から生まれていることに気がつき、改めてその偉大さや素晴らしさ、そして芸術性を知ることになるでしょう。

余談ですが、最近観た映画で、日本における近代漫画の祖とされる北沢楽天の半生を描いた「漫画誕生」というものがありますが、この映画の主人公である北沢楽天は、近代漫画の祖でありながら、双璧を成していく次世代の漫画家たちに押され、次第に過去の人となり、現代社会の中ではその知名度がとても低いのです。

しかしながら、この北沢楽天の存在が、世に残る素晴らしい漫画のパイオニアとなっていることは言うまでもありません。

大袈裟かもしれませんが、実際には形を変えているだけであって、この世には本当に真新しいものなどもう存在しないのかもしれません。

また今回のホロスコープのもう一つの考え方としては、難しいと思われることでも、既にあるものやそれを残してくれた人たちを見て、上手く技術や情報を取り入れたり、活用することができるということを示している様に思います。

これにおいても、対人関係、コミュニケーションを通して気がつくこととなりそうです。

射手座のMC(ミディアム・コエリ)


新しいスタイルへと形を変えていく中で気をつけなければならないことは、今回の射手座のMCからわかる様に、周囲の状況を見て、早く先に進まなければという焦りから、根本的な部分が成長せずに進んでしまうという点です。

今回の天秤座の月と、向かい合う牡羊座の太陽が示す様に、遠くから全体を見渡して、自分自身を見るとどこに問題があるのかに気がつくでしょう。

ここでは、射手座の長所である広い視野を利用して、もっと本質的な部分に目を向け、内面の深い部分を磨くことであったり、根本から学び成長していくことです。

それには、この時期が長期的な努力が必要なときと理解することが重要です。

まとめ


前回の春分図から引き続き天秤座の性質を強調する様なホロスコープチャートとなっていますが、それは一人一人個性があり、それぞれ異なる知性や考え方を持っているからこそ、別の視点からものを見ることができるからだと感じます。

一人で思考を働かせようとするとき、人は同じ方向から考えようとしてしまうのですが、そこに他者が存在することで、思いもしなかったことに気がつくからです。

その気づきが重要であり、それを与えてくれるのが自分ではない他者であるからです。