2021年9月23日秋分の日ジオセントリックホロスコープ解説

この記事では2021年9月23日4:22分頃(東京時間)の秋分の日の西洋占星術ジオセントリックによる(ホロスコープ)解説を行います。

以前に書いた秋分図のコラムに追記して、改めて今回書いています。

目次

  • 2021年9月23日秋分の日のホロスコープチャート
  • 2021年9月23日秋分の日ジオセントリックホロスコープ解説
  • 最後に

2021年9月23日秋分の日ホロスコープチャート



今回のホロスコープチャートの区分は下記の通りになります。

 

▪️2区分

女性(4)…金星、冥王星、海王星、天王星

男性(6)…太陽、火星、水星、土星、木星、月

 

▪️3区分

活動(5)…太陽、火星、水星、冥王星、月

不動(4)…金星、土星、木星、天王星

柔軟(1)…海王星

 

▪️4区分

火(1)…月

地(2)…冥王星、天王星

風(5)…太陽、火星、水星、土星、木星

水(2)…金星、海王星

 

2021年9月23日の秋分の日のチャートでは、乙女座から、天秤座に太陽が移行したこともあり、柔軟サインの代わりに活動サインが増え、また4区分では風のサインが多いチャートとなっています。


2021年9月23日秋分図ジオセントリックホロスコープ解説


2021年9月23日秋分図のホロスコープチャートでは太陽は1ハウス天秤座1度です。

サビアンシンボルは「突き通す針により完璧にされた蝶」。

春分点で自我が生まれ、そしてこの秋分点ではそれを他者に投影して見る様になります。

他者に打ち出したものに対する反応によって抵抗を感じたりすることで自己を認識するのです。

春に種を蒔いて、ここでは収穫の時期となりますが、収穫されたものはもう形が変わりません。

春分から始まり、上手く行ったり、思うようにいかず失敗したりなどを繰り返して、色々と形を変えてきた事も、この秋分からは、針で固定された蝶の様に個性が定まり、今度は定まった個を他者や社会に見せていく事になります。

今回それを後押しする様な形で火星が合となります。

火星は天秤座5度、サビアンシンボルは天秤座6度「男の理想が多くの結晶に変わる」。

これは社会や環境の中へと入っていく度数です。

環境の中に入っていくという事は、天秤座1度と同様に、それぞれ独自の個性を外に出していくことになるのですが、それは同時に理想を現実化していくという事でもあります。

太陽と火星は合ですので、かなり積極的に進んでいく可能性がありますが、この時太陽は土星とトラインとなります。

そのため、この土星を上手く生かすことで、適度な秩序と信頼感を持って進んでいけると言えそうです。

 

そして2021年9月23日の秋分図では8ハウスの月と2ハウスの水星に4ハウスの冥王星が入りTスクエアを形成します。

 

今回月は牡羊座21度。

サビアンシンボルは牡羊座22度で「欲望の庭へ続く門」。

21度では、恐いもの知らずという印象で強気で自ら挑戦した結果、様々な反応が返ってきました。

しかし、この22度は反対に、必要なものが手に入る様に、門を開けておくのです。

自分から行くのではなく、ここでは向こうから入ってくる様に計画します。

必要なものが手に入ってもまだ足りないという欲深さも感じる度数で、不要なものが溜まっていく可能性もあります。

 

月と向かいの水星は天秤座24度。

サビアンシンボルは天秤座25度「秋の葉の象徴が伝える情報」です。

1度でスタートしたテーマはここで完成します。

針に刺された蝶は、たくさんの人に見られて、そして見ていた方はパターン化されてしまった蝶を、沢山ある中の一つとして今度は対象化して見る様になります。

見ている方は毎回同じテーマやパターンだと飽きがきたりして、そこから離れていくことも考えられます。

ここではそういった空気や時の流れをよんで、機転を利かせていくことを示しています。

牡羊座と天秤座の自分と他者という点においてですので、他者の反応が必要になります。

金星と天王星のオポジションも同様で、金星は自己の存在や確認を天王星に求めますので、他者に対してどれだけ印象を与えられるかという点を気にします。

天王星とのアスペクトですので、人とは異なる言動をして注目を集めるといったことも考えられます。

 

それから今回の秋分図では月と水星に6ハウスの木星を含めると調停のアスペクトを形成します。

木星は水瓶座23度。

サビアンシンボルは水瓶座24度で「情熱に背を向けて自分の経験により教えている男」です。

これまでの教育法や学習法というのは、山羊座の価値観によって作られたもので、しっかりとしたマニュアルや教科書があって、それなりに信頼できるものでした。

それに対して、これから教えようとしている水瓶座の革新的で未来的な方法にはマニュアルが一切ありません。

そのため、ここでは何かを伝えたり教えたりするときに、自分の経験のもとで行わなくてはならないといった状況なのです。

 

ここまでの月、水星、木星の関係から、他者に対して理解してもらえる様に伝えていくということが一つテーマとなりそうです。

 

そして最後に今回のASCとMCを見ていきたいと思います。

ASCは乙女座16度です。

サビアンシンボルは乙女座17度「噴火している火山」。

2021年9月7日の乙女座新月のホロスコープチャートでは月が乙女座15度で「装飾されたハンカチーフ」でした。

飾られているだけのハンカチーフというのは外に持ち出されることもなく、汚れることはありません。

この乙女座新月では様々な複雑な影響を受けることを嫌がり、外に出ないという状況でした。

どこか引籠りがちな印象で、ある種のプライドやメンタル的な弱さなども感じられる様な度数です。

それが16度になると、いつまでもこの状況を続けるわけにはいかないと、これまでの観念が壊されることになります。

ここで壊されるという事は、清潔的な乙女座が仕方なく汚れることを容認するということになるわけです。

そして17度では、汚されてしまった原因が誰かのせいだと思っていたものも、実は自分にあったのだということに気がつき、壊れてしまった事をポジティブに受け入れ、もう一度ここから立て直していくのです。

 

そしてこの結果として出てくるのは、MCの双子座13度となります。

サビアンシンボルは双子座14度で「テレパシーでの会話」。

この一つ前の13度のシンボルは「ピアノを目の前にした偉大な音楽家」で、このサインは周りに受け入れられずに浮いてしまっても主張を繰り返すことで形成されていました。

今の時代や流行に合わせるための軽薄さがあり、この軽薄さは風のサインである双子座には必要な要素です。

常に話題を求められる様な舞台ではこういった軽薄さが必要だったのです。

しかしながら、この13度のカリスマ的な性質は14度になると孤立してしまいます。

そのため14度では、他者との意思疎通などを通して、今度は経緯などを説明したり理解してもらいながら交流するようになります。

そうすることでコミュニケーション能力を磨き、さらには安定を図っていくのです。

 

今回の秋分図では、個を社会に見せていくときに、他者の反応が重要となりそうです。

その反応により、機転を利かせて臨機応変に対応していくことで、より多くの理解者やファンを集めていくと考えられます。

太陽は1ハウスですので、ここからの3ヶ月は、自分をどの様に相手や他者、社会に見せていくのかということがテーマとなるのではないでしょうか。


最後に


ご一読ありがとうございます…。