ヘリオセントリック

この記事では2021年10月15日5:57分頃(東京時間)にヘリオで冥王星が山羊座26度になった際のチャートの解説を行います。

この記事では2024年1月22日21:36分頃(東京時間)にヘリオで冥王星が水瓶座入りした際のチャートの解説を行います。

この記事では近日点、遠日点について書きたいと思います。 黄道座標と惑星のノードに関しては前回の記事をご覧ください。

久しぶりの更新となりましたが、この間にYouTubeで募ったお客様の鑑定と、ヘリオに関してより深く掘り下げて考える様な時間を作っていたのですが、今回の鑑定の中でジオの閉鎖性というのを改めて感じたということと、ヘリオの重要性を強く感じる機会となりました。 ジオに囚われていると中々檻から出られないとやはり感じます。...

最初にお詫びなのですが、個人的に色々なサービスのアカウントを持ちすぎており、ログイン情報のI DやP Wが管理しきれなくなった為、昨日整理して不要なものを解除・解約していました。 何に登録しているかも全部把握できていない状況で…一覧にしておかないといけないなと思う今日この頃です。 その中で今回SNSのツイッターも退会いたしました。...

前回の記事では、大分天文学的なお話をさせていただきました。...

この記事では、少し天文学的な内容になりますが、宇宙について、天文学に関する書籍を参考に書きたいと思います。 これは私の頭に残すために書いている部分もありますし、占星術を学ばれている方にとっても知っておいて損はない知識で、恐らくこれを知っていることで、はっと思うような気づきや、新しい発想も生まれてくるのではないかと思います。...

今日は太陽星座と地球星座について少し触れたいと思います。 地球星座は太陽星座とちょうどオポジション(180度)の関係にある向い合う星座となります。 これは太陽を中心として考えた地動説に基づく考え方です。 もし太陽星座にしっくり来ていない方は既に地球星座を認識できているかもしれません。