2021年8月8日獅子座新月ジオセントリックホロスコープ解説

この記事では2021年8月8日22:51分頃(東京時間)の獅子座新月についてジオセントリック、サビアンシンボルの観点から解説を行います。

目次

  • 2021年8月8日獅子座新月ジオセントリックホロスコープ解説
  • 最後に

2021年8月8日獅子座新月ジオセントリックホロスコープ解説


2021年8月8日獅子座新月では月は4ハウス獅子座16度です。

数え度数は17度でサビアンシンボルは「ベストを着ていない聖歌隊」。

この獅子座17度というのは、新しい希望を表す度数となります。

一つ前の16度のシンボルは「嵐の後の陽光」ですが、17度ではこの時に起きた嵐の様な破壊的な事柄を意味のある出来事であったとポジティブに捉えていくのです。

2021年7月10日の蟹座新月のホロスコープチャートでは金星と火星が合で、この時、金星と火星は獅子座16度でしたので、恐らくこの蟹座新月前後あたりで起きた出来事のことを示しているのではないかと思います。

獅子座15度で注目を浴びたり、目立つことをしたいという欲求を満たした後、16度から今度は獅子座に向かいの水瓶座的な性質が流れ込んできます。

その為、自己中心的な性質が弱まり、獅子座の表現力や創造力がより成熟したものになっていくのです。

今回の獅子座17度では、これまで気が付かなかった、若しくは無視していた様な小さな出来事の中で、獅子座的な創造力や演出、昂揚感を見出すことができるということを理解し、そこに新たな希望を見出します。

そして、単調な日々の暮らしが充実し楽しいものであることに気がついていくのです。

 

また今回2021年8月8日の獅子座新月のホロスコープチャートでは、ASC牡牛座、MC水瓶座です。

そのため、牡牛座の保守的な気質が、水瓶座によって減少します。

水瓶座は個人の自由を奪われることを嫌いますので、夢中になれる事や自分の能力や資質を上手く使い、自由な立場で仕事をする事に幸せを感じたりと社会的な立場や環境において自由であることを望み、またそこを目指していきます。

ですが、今回のホロスコープは土星がMC付近にあるため、社会的な成功までには時間を要したり、目標の達成を遅らせる様な状況となることが伺えます。

またこの土星に月はオポジションとなります。

ここでは、土星は月をターゲットにするため、自分の気ままな感情をストレートに表現することによる人からの攻撃を恐れている様なイメージです。

今回のホロスコープでは、月の近くに水星があることから、個人的な感情がそのまま言語化されるといった、情緒と知性が混同している様な雰囲気でもあります。

そしてASC付近にある天王星とはスクエアです。

 

まず土星について見てみると、水瓶座10度のサビアンシンボルは「一時的だと証明される人気」。

このサビアンシンボルは7月10日の蟹座新月、そして7月24日の水瓶座満月のヘリオのホロスコープチャートで出てきましたが、今回はジオのチャートとなります。

少し遡り、水瓶座6度では、自分がいる環境において要求されることや役割を演じていましたが、7度になると今度はそれに矛盾を感じはじめます。

そして8度になり、本来自分のやりたいこと、ある意味太陽の目的意識の様なものを思い出します。

こういった段階を経て、自分がこれまで演じてきたことや個性が、生活してきた環境の中で、またはこの社会によって作り出されたものである事に気がつくのです。

というよりも、この世の中、社会生活(ジオ)において適応していくためには、そうするしかなかったのかもしれません。

そのため、人気が出ても、それは作られたものであり、本来自分が望んでいることではないため、そこには永続性はないのです。

これは人との関係性においても同様で、表面的な利益を得るためだけの繋がりというのは一時的であり、長くは続かないという事になります。

この10度からは、新たな関係を作っていく事になりますが、ここで重要なのは、これから繋がりを持つ関係において、もしこの先離れていったとしても、自分に何か原因があるわけではないという事を予め理解しておくという事です。

この社会に適応するため(ジオで生きている以上)には、そういった関係は常に起きる事なのですから。

 

そして天王星牡牛座15度のサビアンシンボルは「マフラーと粋なシルクハットを身に着けた男」。

これは7月10日の蟹座新月、そして7月24日の水瓶座満月のジオのホロスコープチャートから引き続き同様のシンボルとなります。

牡牛座の15度は地サインのピークに達する度数です。

決して他と比較せず、人それぞれの価値観や基準において、財を築いたり、収入を得たり、商売をしたりという立場を作り出します。

マフラーとシルクハットを身に着けているのは、登っている山が高かったり、山の頂上へいくほどに、風当たりが強くなるからです。

また、今回月と天王星はスクエアとなりますので、感情が二転三転しやすく常に不安定な印象です。

月は誰かと密接に関わろうとしますが、天王星はそれを断絶します。

 

土星、天王星どちらのサビアンシンボルでも、寧ろここでは関係を断絶して、人とは違っていたとしてもそれを追求した方が良いという事になるかもしれません。

土星と月はオポジションですし、土星のカルミネートですので、それを追求し達成するまでには、ある程度の下積みは覚悟しておく必要があるかもしれません。

また、月の近くにある水星獅子座24度のサビアンシンボルは「身だしなみの整っていない男」ですので、しっかりとマニュアル化されていなくても、今は外見の身だしなみなどは気にせずといった具合で進めていき、この後水星が次の乙女座に向かっていく中で、細かな点を気にし始め、整えていくという流れになるのではないかと思います。


最後に


先日のコラムでも少しお伝えさせていただきましたが、2022年の運勢鑑定ですが有難い事に多くのお客様よりお申し込みを頂いており、現在鑑定書のお渡しまで3〜4営業日程度お時間を頂いております。

お申込いただく際には、お渡しまで3〜4営業日程度お時間を頂きますので、予めご了承いただきます様お願い申し上げます。

また、本鑑定は期間限定での受付となっております。